<最新情報アラカルト
So-net無料ブログ作成

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 最終話 [テレビ]

スキャンダル専門弁護士 QUEEN 最終話です。

sp_mainvisial.jpg

【国を敵にした悪女】

国中を敵に回した悪女!下される審判の行方とは!暴かれる疑惑の死亡事故!隠された哀しき真実とは!そして最後に仕掛けられた最大の作戦!竹内結子 水川あさみ

『週刊文新』で氷見江(竹内結子)が5年前に行ったとされる公職選挙法違反疑惑の記事が掲載されることになる。それは、吾妻涼介(山本耕史)、林光蔵総務大臣(山田明郷)ら、クライアントを守るため、鈴木法律事務所の与田知恵(水川あさみ)が東堂裕子(泉里香)にリークしたものだった。  与田は記事が掲載される『週刊文新』の発売前、藤枝修二(中川大志)とともに吾妻と林を訪ねた。記事内容を伝えた与田は、この記事でもう一度氷見を叩くため、公の場を用意して欲しいと頼む。藤枝は出来れば氷見の国会での証人喚問が望ましいと言う。吾妻は、証人喚問は無理だが公聴会や調査会の名目ならと検討すると答えた。  与田たちが帰ると、吾妻と林は五十嵐幸夫(小野武彦)に相談。吾妻は調査会を開くことを勧める。調査会の開催決定の知らせは、鈴木太郎(バカリズム)が受けた。喜ぶ与田を見た藤枝は、敵に回すと怖い人だともらす。氷見への調査会が開かれる。与田、藤枝が控え、マスコミも招かれたため、東堂もいた。調査会の冒頭、氷見は不正に情報を取得し、事実と異なる印象操作をおこなうなど、選挙法において違反行為をおこなったかを聞かれるも否認。すると、進行していた林は氷見の選挙法違反を裏付ける証人として、茂呂裕也(佐野岳)を呼び出す。その頃、真野聖子(斉藤由貴)は与田たちとは別の動きをしていて…。



楽しみですね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ